目にダメージ


正しい方法でケア


TOPページ

被害有り

一時期、危険であると問題視されていたカラコンですが
2009年に薬事法により医療機器として制定されたために
以前ほど質の悪い製品は見られなくなりました。
そうはいっても、カラコンだけではなくコンタクトレンズ全般が目にダメージを与えることは事実です。
そのため適切なケア方法が求められるところです。
ですから適当な誤ったことは今すぐ辞めて、正しい方法を要チェックしてみてはどうでしょうか?


洗浄液でキレイに

私たちの目の中には細菌がいます。また、カラコン装着後には目のたんぱく質がレンズに付着するので
それらをきちんと洗浄し除去してやらなくてはいけません。
カラコンを洗浄する際には専用の洗浄液を使用します。
間違えても水道水で洗わないようにしましょう。
綺麗になったレンズが浸る程度の洗浄液とともにケースに入れて保管します。
カラコンにはソフトコンタクトレンズが使われていますから
容器の蓋を閉める際には挟んで破いてしまわないように注意しましょう。


でも装着して違和感ないってすごいなーと思いました。これでカラコンも付いてこのお値段なら満足です☆
オマケの前髪ウィッグも愛用中☆コンタクトも乾燥もなくいい感じです。